menu

仕事について

アイ・トピアに入社したらまずはスタッフとして店舗に立つところからキャリアがスタートします。そこから先は販売の道を究めるもよし、マネジメントにチャレンジするもよし。本社で新商品の開発、新店舗を立ち上げるもよし。働きながら、あなただけの道をみつけてください。

営業キャリア

販売スタッフ

お客様の良き相談相手であれ

アイ・トピアにはガチガチの接客マニュアルはありません。メガネが十人十色なら、接客だって十人十色。自分なりの接客術を見つけて磨いていってください。大切なのはお客様にまたご来店いただくこと、もっと言えばあなたを信頼してもらい、あなたのファンになってもらうこと。そのためには、メガネや視力に関する正しい知識も必要です。一期一会の仕事ではなく、お客様の人生のパートナーとして、見え方や聴こえ方が、なんだかいつもと違うなあと思った時に真っ先に相談しようと思えるホームドクターのような存在になってください。

店長

あなたらしさ×お店らしさで
最大の効果をあげよ

自分自身の売り上げの追求ではなく店舗全体の売り上げに責任を持つ。それが店長の仕事です。こちらもやり方は人それぞれ。自分が最前線に立ってお店の売り上げを引っ張っていく店長もいれば、部下の育成に力を入れる店長もいます。教えて育てる店長もいれば、自分の背中を見せて付いて来させる店長もいます。なかには、ひたすらお店を掃除することで、スタッフに気持ちよく働いてもらうなんて店長も。正解かどうかは結果が全て。どんなやり方が一番いいのかは、あなたのタイプと、スタッフのタイプと、お店の立地によっても変わってくるでしょう。さまざまなものを掛け合わせ、最大限の結果を出す。難しいけれど、面白いシゴトです。

エリア統括リーダー

最大10店舗のマネジメントを任され、30名程度の部下を持ちます。店長は自分が引っ張っていけばなんとかなりますが、複数店舗を受け持つリーダーはそれが通用しません。どうすれば人が動いてくれるのかを考え、行動することが重要なポイントになります。

グループリーダー

30~40店舗のマネジメントを任され、100名くらいの部下を持ちます。営業会議で決まった全社の戦略をグループの戦略に落とし込み、各エリアの店舗で実施させます。受け持つ店舗が多いため、全てを確認して回ることは至難の業。数点の事例から全体を想像することが必要です。

そのほかのキャリア

  • 商品企画
  • マーケティング
  • 店舗開発
  • ファッションコーディネーター
  • 経営企画
  • 人事
  • 総務
  • 情報システム

INTERVIEW

INTERVIEW1
INTERVIEW2