menu

部下を育てているつもりが、
自分が育てられていました。

もともと「モノ」が好きで、新商品が入荷されるとワクワクするタイプ。入社当時の目標は、商品部に入って、バイヤーになることでした。断り続けていた店長のオファーを受けたのは、尊敬していた先輩に「自分のためにやってみろ」という言葉があったからです。自分のためになるのだろうか?と思いながらも、挑戦することを決めました。
商品が売れて一番楽しいと感じたのは、スタッフだった頃です。店長になると、商品を売ることだけでなく、いかに部下を育てていくかが大事になります。店長になりたての時は、昔の自分と部下を比べていつもカリカリしていました。しかしある時、「自分をベースに考えるな」とリーダーに言われたことで、これだけ接客をしてきたはずの自分が、相手の立場に立って考えていないことに気づきました。人と向き合うということはどういうことかを、店長になって改めて考えさせられたのです。店長はお店を任されていますから、仕事に対する責任感が違います。売り上げの悪い時期でも、なんとか売るしかない。苦しい時に上司に相談をすると、ただ飲みに行こうと声をかけてくれました。今思うと、多くの人たちに支えられていたんだなと思います。

テンオーワンと一緒に、
これからも進化していく。

お客さまと販売員の関係は、人と人。大切なことなのに、いつの間にかそこがおざなりになってしまうことがあります。同じように、世の中の上のポジションの人たちは、現場で頑張っているスタッフがいないと、自分の立場が成り立たないことを忘れてしまう。店長を経てリーダーとなった今、そのことを肝に銘じています。店長は、自分が動けばまだ何とかなっても、リーダーは部下に動いてもらう以外にありません。昔は思ったことをガンガン言ってしまうタイプでしたが、今は、「どんな風に言ったらこの人の心は動くだろうか」と考え、部下たちをしつこく見守っています。自分で答えを出せるように、問いかけ続けるのが私の新しいスタイルです。
テンオーワンを活性化させるために、私は抜擢してもらいました。テンオーワンはメガネストアーとはコンセプトが違い、品ぞろえも接客も違います。今は関東エリアのみの出店ですが、全国展開もしたいし、他業界の人にも注目されるくらい知名度も上げていきたい。今の私の目標はバイヤーでなく、いつか規模が広がって、テンオーワングループとなった時に、グループ長になること。その日のために、まずはこのエリアを活性化させてみせます。

PROFILE

柳下 翔

2010年2月入社

新規事業開発部テンオーワンエリア
【趣味】映画鑑賞、読書、プラモデル。
【夢】田舎に暮らす。
【一言】給料のために仕事頑張っています(笑)

01